永久医療脱毛専門レジーナクリニック

脱毛の話題も広がり、近年は脱もへの関心が高まっています。
数多くの脱毛サロンが登場しており、ミュゼも同様に注目を浴びています。

 

脱毛の中でも「永久脱毛」は特に人気が出ているのですが、
脱毛サロンで受けられる永久脱毛の本当の意味をご存知ない方も多いようです。

 

そもそも永久脱毛というのは医療機関でしか使えない言葉なのです。
脱毛サロンなどが永久脱毛というワードを使ってしまうと薬事法にひっかかってしまいます。

 

永久脱毛ということばはなぜ脱毛サロンで使ってはいけないのでしょうか?

 

脱毛サロンなどで採用されている光脱毛自体の歴史が浅いので、
永久的な効果が続くとは限りません。

 

光脱毛では永久的な効果が得られない為、
永久脱毛という言葉を脱毛サロンで使ってはいけないのです。

 

医療機関で永久脱毛を行えば永久的な効果が絶対得られるかというと、
それもまた違います。

 

脱毛を施してから1カ月以内に毛が再生する確率が20%以下であれば、
永久脱毛と呼ぶことができるという決まりになっています。

 

ということは、医療機関の永久脱毛を施してもらったとしても、
永久脱毛となる確率は100%ではないということです。

 

そうなると不信感も出てくるかもしれませんが、
脱毛をして毛の量が減ったり、ムダ毛の無い綺麗なお肌になった、
毛が再生しなくなった等の効果を実際に得ている方の方が多いのです。

 

実際に効果を得ている方が多いからこそ、
脱毛への関心が高まっているのです。

 

永久脱毛とは言えないにしても、
脱毛サロンで行われる光脱毛で十分な効果を得ています。

 

永久脱毛の本当の意味を誤解することなく、
実際に得らえている効果も考慮して脱毛を検討しましょう。