ミュゼの脱毛は痛くない

脱毛サロンという言葉を聞いて多くの方が持つイメージといえば、
費用が高いとか痛みがあるとか、
しつこい勧誘がある、
高額なサービスや商品を無理やり買わされるなどのマイナスなものでしょう。

 

けれどもそのようなマイナスなイメージは払拭されつつあります。
現在では痛みが少なくなった、
費用がリーズナブルになった、
しつこい勧誘がなくなってきているという、
かなり良いイメージが多くなっています。

 

痛みが少なくなったというのはかなり魅力的ですよね。
一昔前まで脱毛で感じられていた痛みというのは、
ニードル脱毛が原因でした。

 

ニードル脱毛というのはその名の通り、
細い針を毛根1つ1つに刺して毛根を焼き切るという方法なので、
その電気で毛根を焼き切った時に強い痛みが起きるために、
脱毛は痛いのだというイメージが広まっていたのです。

 

痛みというのは個人差があります。
痛みに強い人もいれば弱い人もおり、
その日の体調によっても異なってきます。

 

そのようなお客の意見が多かったためにニードル脱毛ではなくレーザー脱毛が注目されるようになり、性能もさらにアップして現在のような痛みの少ないものになってきているのです。

 

ミュゼで主流となっているのは「S.S.C脱毛」というもので、
脱毛したい場所に脱毛専用で美容効果もあるジェルを塗って、
施術を行うというわけです。

 

ミュゼの光脱毛は痛みも少ないですが効果も弱めになっています。
痛みの度合いは、輪ゴムでパチンとされた程度なので、
全く問題ないですよね。

 

その代わり脱毛が完了するまでに時間がかかるので、
痛みや時間・金額を比較しながら慎重に選びましょう。

ページの先頭へ戻る